〉未来経営DIARY 〉

中小企業に向けて、役立つ情報をお伝えするブログ

【支援事例レポート】ドンブリ勘定脱出で1年で売上高2倍、経常利益30倍になった店鋪系事業

f:id:consulting-kfs:20171019135344j:plain

こんにちは。
今回は、弊社が取り組んできた事例をお話します。
どのような取り組みをすることで、
どのような成果がでるのかお読みいただき、
もし自社に当てはまることがあれば、
実際に取り組んでいただければ幸いです。
 
書籍に書いてあるようなこともありますが、
弊社でも実証済みの取り組みですので、
もしご不明点ございましたら、
お気軽にお問い合わください!

資金が消えたことに気づけない管理

さて、今回は、数値管理を徹底し、
1年で売上高2倍、経常利益30倍
店舗型事業を展開している企業様の事例です。
 
店舗型事業とは、リアルに店舗を構え、サービスを提供する事業です。
 
リアル店舗型事業は飲食、小売、スポーツクラブ、
学習塾等がありますが、今回は月額で会費を徴収する
事業を営むクライアント様でした。
 
初めの取り組みは、
まず「当たり前の管理体制を築く」でした。
 
クライアント様は、ビジネスモデルとしては
収益を挙げられるものだと確信しており、
実際に会員数も増加しておりました。
 
しかし、どれくらいの会員がいるかはわかっても、
適切な収入と支出の管理がなされていない状況でした。
 
現金を受け取るパターンがあるのですが、
毎日いくら受け取って、そこから何に使ったという
記録が一切なく、月末の最終月に残った現金が
全て、ということです。
 
もちろん、領収書があれば、使いみちはわかるのですが、
ここで恐ろしいのが、帳尻が合わないパターンです。
 
収支管理をしていないと、帳尻があっているか
どうかもわからず、極端に言えば、横領しても
わからないという恐ろしい状態でした。
 
そしてやはり、起っていました。
 
着服です。
 
どんなにビジネスモデルが良くて、マーケティング
うまくいっても、穴があいていたらすぐに
成果は漏れ出してしまいます。
 
また、現状がわからなければこれから目指すべき場所
をどこに置いたらいいのか、わかるはずもありません。
 
まず私たちは
現状の財務状況をしっかり把握できる体制を整えるため、
  • お金の出入りが絡む業務フローの見直し・修正
  • クライアントに合った適切な管理シートを考案・提供
  • 本部と店舗別に勘定を整備し、問題がすぐ見つかる体制を構築
いたしました。
 
これだけで、
日々どれだけの資金の出入りがあるか明確になりました。
 
さらに、不正が起きないよう業務フローを整備いたしました。
 
この結果、定量的に現状を把握」できるようになったのです。

勝利の方程式と徹底したシミュレーションで事前対応

社内の見える化で現状が少しずつわかるように
なってきたころ、
次に目指すべきところ、すなわち、
単年度計画をつくりました。
 
私たちは、
  1. 売上の構成要素を分解した、アクションにつながる売上計画フォーマット
  2. 計画と予測を常に比較分析し、課題が即座にわかるような予実管理表
  3. 財務計画につながる社内データ整備マーケティングデータ、投資データ等)
をクライアントの皆様と議論しながら構築しました。
 
これにより
  • 年度末までに何をすれば想定した利益目標を達成できるのか「見通し」ができる
  • 現状と計画がずれたら、すぐに対策が取れる体制
  • さらなる社内の見える化で、社員が何をすべきか明確になる
ことを実現できました。
 
特に売上の構成要素を分解し、
どのような行動によって
もたらされるのかを明らかにすることで、
やるべき行動を明確化することを
KFSでは「勝利の方程式」と呼んでおり、
重要視しています。
 
「この活動を、これだけやれば、求める結果がもたらされるだろう」という仮説です。
 
この勝利の方程式を明らかにしておくだけで、
メンバーそれぞれのやるべきことが
明確になり、仮にズレがあっても
要素を細かく分解していますから、
どこを改善すべきなのか
すぐにわかるようになっているのです。
 
このような事前対応の仕組みを整えただけで、
1年で売上高2倍(1億円突破)
経常利益はほぼ0から30倍(1千万突破)
売上高経常利益率もほぼ0から約10%に伸びました。
店舗も1店舗増やしました。
 
今期は追加で3店舗
売上高は前期の2倍
経常利益も前期の2.5倍を目指しています。
 
徹底したシミュレーションだからこそわかりますが、
これらは実現可能な数字です。中小企業として一つの
節目である3億円突破も近いでしょう。
 
しかし、これも事前シミュレーションと
リスク低減の仕組みを整備し、
求める結果をつくるためには何をすればいいのか
をこれを前もって把握できるからこそといえます。
 
名もないところからお付き合いいただき、
本当に感謝しています。ありがとうございます。
 
当クライアント様の成果に関しては、今後もレポートして参ります。
 
ーーーーーー
ここまでお読みくださり、誠にありがとうございます。
 
「未来経営」というコンセプトのもと
今回の単年度計画策定支援の一環として、
行動につながる売上計画策定支援
「勝利の方程式=Winning Formula」
策定支援も行っております。
 
ドンブリ勘定にピンと来たかた、
ご支援にご興味があるかたは、以下の
メールアドレスからご連絡ください。
 
また、KFSなんて知らないよ!という方、
是非一度、月イチ開催しております
未来経営LABにお越しください。
 
ただのセミナーではない、
本当に経営の役に立つ時間をご提供します。
下記Peatixフォームからお待ちしております。
 
それでは
Bye for now!
 

************************
経営者としてのマインドセットをするなら
◆未来経営LAB(ラボ)◆
http://peatix.com/group/64276/view

売上3億円を3年以内につくるなら
◆未来経営DAWN(ドーン)◆
下記アドレスからお問合せください

計画を実現し続ける企業をつくるなら
◆未来経営ACT(アクト)◆

下記アドレスからお問合せください

株式会社ケーエフエスコンサルティング
TEL:03-6860-3968
MAIL:info@kfs-ac.net
*************************