【未来経営DIARY】

未来経営について伝えるブログ

社長の「決意」と「本気」の力

f:id:consulting-kfs:20171106121255j:plain

皆さんこんにちは!佐藤です!!

先日、内定式を終え、正式にケーエフエスに入ることができました。

 

同期の女の子から先輩社員と間違えられました(笑)

貫禄がでできたということにしておきます!笑

 

 

今回は、株式会社 日本レーザー代表取締役社長 近藤宣之さんが書いた、

ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み

という本から、マインド部分を中心にお伝えします!!

 

社長の「決意」が会社を変える。社長の「本気」が社員を変える。

著者の近藤さんは、幾度もの修羅場を潜り抜け、日本電子の最年少役員をしていました。

ある時、当時経営破綻寸前であった、日本レーザーに出向したところから話が始まります。5年間で、赤字が3回、無配が3回。主力銀行からの融資を打ち切られてしまっている状態でした。

 

どうにか社員をリストラすることなく、会社を立て直したい。その想いで、出金伝票を細かく管理し、社員教育、幹部会、全社会議、社内報によるデータ公開など、

経営の仕組みを変えてコスト削減をしていました。

 

その結果、1期目で約2,000万円の黒字に回復することに成功します!!

 

しかし、会社黒字転換しても、社員の不満は、消えませんでした。

 

徐々に経営が回復していく中で、近藤さんに対する社員の不信感が、強まっていきます。

「出世のために利用されてるのではないか」

「親会社に戻ってしまうのでないか」

当時、日本電子の役員、日本レーザーの社長を兼務されていた近藤さんに対する不信が高まりました。

 

いざという時に戻る場所が、あっては社員はついてこない。

そこで、近藤さんは、決意します。

それは役員をやめ、日本レーザーの社長に専念することにします。

 

私は、日本レーザーという船の船長として、社員のみんなと航海に出る。途中で下船することは決してない。

必ず、全従業員の雇用を守る。だから、会社を立て直すために協力してほしい、もし私の方針に賛同できなければ、辞めてもらっても構わない。けれど、自分が社長である限り、絶対に解雇しない。

 

この決意本気が、社内を大きく変えました。社員の方々は、近藤さんに対する認識を変えて、会社が徐々に1つになっていきました。

 

ここまでがあらすじになります。

 

具体的な改善策もありますが、本質的な変化の始まりになったのは、

 

社長の決意本気です。

 

会社(組織)は、社長の決意によって作られます。逆に言えば、社長の心構えや考え方がマイナスであれば、会社は衰退していきます。

 

だからこそ、「他人事」ではいけないのです。

 

以上になります!!

次回も、よろしくお願いします!!

 

KFSメルマガ★未来通信 メルマガ登録フォーム

⇒週1回、中小企業の経営者及び幹部の社員様向けに、売上の向上・コストの削減・組織・マーケティング・営業課題などに対して、有益な情報を提供することを目的としています!

 

興味のある方は、登録お願いします!

 

ケーエフエスコンサルティング 佐藤