〉未来経営DIARY 〉

中小企業に向けて、役立つ情報をお伝えするブログ

【学生が中小企業を選ぶ3つの条件】

f:id:consulting-kfs:20180401232131j:plain

 

皆様こんにちは!!佐藤です!!!

 

今回は、4月から中小企業へ入社する新卒2人にインタビューする機会をいただきました。

新卒採用にお役立ちできる情報があると思い、ブログに掲載させて頂きました。

大手志向の就活事情の中で、6つの質問を通して生の声をお届けします!!

 

プライバシーの関係で名前と企業名は伏せさせていただきました。

ご了承の上、お読み下さい。

登場する学生は、共に今年4月入社のH君とMさんです。

 

Q1.どんな仕事をしているのか?

H.葬祭業。残りの人生をより幸せに生きていくため、そして残された遺族の方々が幸せに生きていくために、葬儀をけじめの場として提供しています。

 

M.健康・美容事業が中心です。
家族の中で太陽のような存在である女性たちの思い描く素晴らしい人生を、自らの力で実現出来るようにお手伝いする仕事をしています。

 

Q2.なぜ、大手志向を辞めて中小企業に就職したのか?

H.給与面や会社のネームバリューを重視していませんでした。

一番に考えていたことは、自分が本当にやりたいことや、人生で成し遂げたいことができる、自己実現の場所を探していました。

 

M.もともと大手志向ではありませんでした。
転職や独立が多いこの時代で、今後の人生を考えた時に、他社から求められる人財になりたいと考えたからです。そのために、色々な仕事にチャレンジできて力をつけられるのが、中小企業やベンチャーだと考えたからです。

 

Q3.ビジョンは大切か?

H.大切だと思います。

正直に言うと私は、葬儀業に勤めることは1ミリも考えていませんでした。

しかし、会社のビジョンと自分のビジョンを重ね合わせた時に、興味のあった人財・教育業界ではなく、ビジョンを成し遂げられると確信と持てた、葬儀業界の会社に就くことになったんです。

M.私も、大切だと思います。
入社までの研修期間で、会社の理念に共感しても、会社と個人が作り出したいビジョンの不一致で、内定を辞退する同期を見てきた経験があるからです。

 

Q4.社長と出会った時の印象は?

H.話す姿勢と社員の方と関わっている姿は、誠実の一言です。純粋にこの人の話を聞きたいと思えました。

M.母親みたいな印象で、The女社長のような感じでした。

Q5.学生の会社への信頼度が上がるポイントは?

H.お客様の幸せの追求はもちろんのこと、社員のビジネス・プライベートの両面の幸せも考えていることです。

そして、会社に関わる人への対応が、どの社員の方も丁寧で誠実であることです。

 

M.理念など、想いを大切にしていることです。
そして、その理念を土台に働く仲間を大切にしていることです。
また、金銭的なことなど、グレーゾーンは絶対に許さないという風土が浸透していることです。



Q6.入社の決め手になったのは?

H.入社までの間、社長と4回ほどお会いし、お話をする中で会社(社長)の目指す先に、自分の実現したいものが成し遂げられると確信できたからです。

M.企業理念に共感し、価値観も合っていたからです。

また、選考やインターンを通して会社のことをもっと知ったことで、一緒に働きたいと思える社員の方と職場環境があったからです。

 

インタビューは、以上です。

 

私も中小企業に就職した人財として、中小企業の会社を選んだポイントは、

①社長と現場の社員の方が言行一致していること(理念浸透がされていること)

②会社でイキイキ働いている自分がイメージできた(見通しが持てた)

があります。

 

 

 

今回のインタビューを通して、

①社員の方までしっかり理念浸透できていること

②会社のビジョンが明確であること

③会社の風通しが良く、透明性があること

 

の条件が当てはまる会社が、選ばれやすいことが分かりました。

 

 

また、 ケーエフエスコンサルティングでは、理念経営の考え方や、理念浸透・理念を基盤とした人財育成のノウハウなどを提供している勉強会を月に1度開催しております。

 

人財不足が加速する前に、人財から選ばれる会社への第一歩にしていただけたらと思います。

 

未来経営lab ~黒字経営を実践・目指す経営者勉強会~

 

ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

ケーエフエスコンサルティング 佐藤