〉未来経営DIARY 〉

中小企業に向けて、役立つ情報をお伝えするブログ

【後継者の未来経営】ビジネス構築力を高めるツール「ビジネスモデルキャンバス」

f:id:consulting-kfs:20180621190753j:plain

 

こんにちは、細井です。

半年前からとある地方で70年続く老舗企業の後継者のサポートをさせていただいております。

 

いまの時代に合うように、経営理念の見直しから中期経営計画に取り組んでいるのですが、

後継者の事業承継を進める上で次の世代の柱となる「新規事業の創出」を重要テーマの一つとKFSでは考えています。

 

それは、今から会社を引き継ぐ2代目や3代目が直面する経営環境と先代が通ってきた経営環境とは、人口動態、ネット環境、人工知能を筆頭にまったく異なる状況だからです。

 

変化の激しい時代の中では既存事業の維持・改善だけではなく、

「新規事業の創出」や「既存ビジネスのイノベーション」が必要となってきます。

 

しかし、革新的なサービスや0→1を生み出すことはカリスマ的な創業者と比べて、2代目、3代目は苦手としている方も多いのではないでしょうか?

 

そんな新たなビジネスを生み出すことを苦手とする方、生み出す力を身につけたい方のためのツールがあります。

 

それは世界で100万部を売り上げた『Business Model Generation(ビジネスモデル・ジェネレーション)』という書籍の中で紹介されている

 

「ビジネスモデル・キャンバス」

というツールです。

 

ビジネスモデルに関する世界的権威である、

アレックス・オスターワルダーとイヴ・ピニュール氏によって

ビジネスを構築するプロセスを視覚化し、チームで共有するツールとして共同開発され、

GE、インテル、P&G、3Mなどの多国籍企業

スタンフォード、MIT、UCバークレー校など数多くのビジネススクール

実践され、とくに経営企画や新規事業企画立案には欠かせないフレームワークとなっています。

 

実は私、二年程前にこのビジネスモデル・キャンバスを国内で広めている、

一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会(BMI協会)のジュニアコンサルタント

として認定を受け、クライアント向けにこのツールを用いて活用し既存事業の見直しや新規事業検討のサポートも行っております。

 

ビジネスモデル・キャンバスは「ビジュアル(視覚的な)ツール」であり、「デザイン思考の要素」や、「顧客からのフィードバック」が盛り込まれ、事業の構造を捉え、全体を俯瞰できるツールです。

 

大きな特徴として9つのブロックでビジネスモデル・キャンバスが構築されます。

 

具体的には、

①Customer Segment(CS:顧客セグメント)

Value Propositions(VP:価値提案)

③Channels(CH:チャネル)

④Customer Relationships(CR:顧客との関係)

⑤Revenue Streams(R$:収益の流れ)

⑥Key Resources(KR:キーリソース)

⑦Key Activities(KA:キーアクティビティ)

⑧Key Partners(KP:キーパートナー)

⑨Cost Structure(C$:コスト構造)

 

経営で考えなければならない要素が9つに凝縮されており、

企業再生や、成長戦略の策定、新規事業の立ち上げなど、

さまざまな場面で活用できます。

 

例えばコンビニエンスストアをビジネスモデル・キャンバスで表現するとこのようになります。

 

f:id:consulting-kfs:20180629162151j:plain

 

 

CS:顧客セグメント→学生、社会人

VP:価値提案→いつでも、どこでも

CH:チャネル→店舗

CR:顧客との関係→セルフサービス

R$:収益の流れ→商品の代金

KR:キーリソース→小さな敷地面積、POSシステム

KA:キーアクティビティ→少人数でのオペレーション、1日3回配送

KP:キーパートナー→商社

C$:コスト構造→商品仕入原価、物流コスト、店舗在庫コスト

※今回は取り上げていませんが、コンビニの場合CSがFCオーナーとなり加盟料やロイヤリティがR$となる、「FCビジネスモデル」という側面もございます。

 

ビジネスモデル・キャンバスを描くコツはこのように、

重要なポイントを一言で表現すること、

そして各要素緻密に考えるよりも、より早く網羅的に全体像を描いて、

仮説を立てプロトタイプを創り、

その仮説を検証しながらブラッシュアップしていくことです。

 

ぜひ一度、自社の既存の事業や検討している新規事業について、

ふせんを使って9つの要素をブレストしながら埋めてみてください。

 

自社の強みの要素や競合と比べて弱い要素、業界が取り組んでいない機会となりそうな要素がブレストしていくときっと見えてくるかと思います。

 

また外部の視点からフィードバックを受けながら、

ビジネスモデル・キャンバスを設計していくこともとても有効です。

 

今回、真夏の自由研究~ビジネスモデル強化月間として、

7月、8月と先着限定5名の方にビジネスモデル・キャンバスを使った1時間無料相談を実施いたします。

 

これから事業を承継する後継者の方はもちろん、次の新規事業を検討したい創業者の方、これから独立をしようと活動している方、

下記フォームよりお申込みお待ちしています!

(相談内容のその他にビジネスモデル・キャンバスとご入力ください)

 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdmAe5Xrhp-hX6UVZA1RItp41Q7RhbhS_OJJ98xCzHSTgzUEA/viewform