〉未来経営DIARY 〉

中小企業に向けて、役立つ情報をお伝えするブログ

持続的なコミュニティに必要なもの

f:id:consulting-kfs:20180705181134j:plain


この度、ケーエフエスコンサルティングと株式会社Resorzの共同事業として、新宿区市ヶ谷駅前にコワーキングサロン“Digima~出島~BASE”をオープン致しました!

Digima~出島~BASEは海外ビジネス支援に特化したコワーキングサロンで、「世界市場に挑戦したい!日本のビジネスを世界に発信していきたい!」という方を全面的にサポートするためのコミュニティスペースです。

「この場所を海外ビジネスの“聖地”にしたい」

そんな想いから創られました。



コミュニティについて考える

 

皆さんはコワーキングスペースをどのように捉えているでしょうか?

仕事場として利用するのが一般的ですが、コワーキングスペースの本質的な価値はその場に集まる人とのつながり、そこに形成される「コミュニティ」です。

いろいろなビジネスアイデアを持つ、価値観の違う人達が出会うことで、さらに新しいものが生み出される。人と人との化学反応を楽しむ場として認知されてきています。

 

そもそも「コミュニティ」とは何でしょうか?

言語の意味としては「共同体」と訳されますが、私は「ある事柄・テーマに“熱狂“した人たちの集合体」という解釈が最も理解しやすい表現でした。

 

これは、「バガボンド」「ドラゴン桜」「宇宙兄弟」など多くのヒット漫画の編集を務めた株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんの著書「WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE.」の中で語られている表現です。



 

私は学生時代からいろいろな活動をし、コミュニティを作ってきました。当時はそれをコミュニティという言葉で意識はしていませんでしたが、何かに“熱狂”した仲間が自然と集まり、普段の生活では交わることのないタイプの人たちがそこにいました。

 

そのコミュニティをきっかけに、あるアイデアを形にするため学生卒業後に起業をしました。しかし、それは起業後1年で崩壊してしまいました。

 

今までずっと、自分が未熟だったから・知識のないまま勢いで起業してしまったからだと思っていました。もちろん、それを理由にあきらめてしまったことが最大の原因ですが、コミュニティが崩壊したのには別の理由があったことを前述の書籍から知ることができました。



コミュニティを作り出し、持続するために必要なもの。それは“熱狂”と“安全・安心”だと佐渡島さんは伝えています。

 

このふたつは一見、相反するような印象を受けると思います。

人々の“熱狂”が勢いに乗ってコミュニティを作る。それに対して“安全・安心”はその勢いを止めてしまうのではないか?と。

 

しかし、熱しやすいものは往々にして冷めやすく、一気に人気が出たものや売れたものほど、すぐにピークが去ってしまうものです。

 

自身の経験を振り返ると、立ち上がりが早く、スタートから多くの人が集まった企画・チーム・コミュニティほどその寿命は短く、いつの間にかなくなってしまいました。

後継者も出来ず、一代で終わってしまうものばかりでした。

 

逆にささやかなきっかけで、少人数の集まりから少しずつ形になっていったものほどそのつながりは強く、継続して活動を続けています。

皆さんにもそのような経験があるのではないでしょうか?

 

“熱狂”だけでは、それに疲れてしまう人たちが増え、持続することができない。

私のコミュニティはまさにそのような状態でした。

 

みんなが自分と同じ熱を持っており、それさえあればどんどんいける!そんな風に思い込んでいました。しかし、集まるメンバーはそれぞれ違う価値観を持っていますし、そこに割く時間やパワーも違う。それを一律と考え、環境の保全をしなかったことが崩壊の原因であったと気づきました。

 

価値あるコミュニティを長く持続させ、より大きく影響力のあるものにしていくためには、“熱狂”という強い想いとそこに集う仲間を守るための“安全・安心”の両輪が必要です。



これは企業経営にも通じる考え方ではないでしょうか?

 

継続的に発展する企業は、売上の獲得のフェーズでは組織体制の構築を行っています。

 

労務管理の改善

社員教育

人事評価制度の確立

...etc

 

これらはいずれも、そこに所属するメンバーの“安全・安心”を確保するための取り組みです。

 

人々があるテーマ、場所、目的のために集まり共同体を形成する。

全て「コミュニティ」です。

そこに生まれるエネルギーをより大きな影響力のあるものにし、さらに持続させていくために、ぜひこの「“熱狂”と“安全・安心”の確保」という考え方を取り入れてみることをお勧めします。

 

【後継者の未来経営】ビジネス構築力を高めるツール「ビジネスモデルキャンバス」

f:id:consulting-kfs:20180621190753j:plain

 

こんにちは、細井です。

半年前からとある地方で70年続く老舗企業の後継者のサポートをさせていただいております。

 

いまの時代に合うように、経営理念の見直しから中期経営計画に取り組んでいるのですが、

後継者の事業承継を進める上で次の世代の柱となる「新規事業の創出」を重要テーマの一つとKFSでは考えています。

 

それは、今から会社を引き継ぐ2代目や3代目が直面する経営環境と先代が通ってきた経営環境とは、人口動態、ネット環境、人工知能を筆頭にまったく異なる状況だからです。

 

変化の激しい時代の中では既存事業の維持・改善だけではなく、

「新規事業の創出」や「既存ビジネスのイノベーション」が必要となってきます。

 

しかし、革新的なサービスや0→1を生み出すことはカリスマ的な創業者と比べて、2代目、3代目は苦手としている方も多いのではないでしょうか?

 

そんな新たなビジネスを生み出すことを苦手とする方、生み出す力を身につけたい方のためのツールがあります。

 

それは世界で100万部を売り上げた『Business Model Generation(ビジネスモデル・ジェネレーション)』という書籍の中で紹介されている

 

「ビジネスモデル・キャンバス」

というツールです。

 

ビジネスモデルに関する世界的権威である、

アレックス・オスターワルダーとイヴ・ピニュール氏によって

ビジネスを構築するプロセスを視覚化し、チームで共有するツールとして共同開発され、

GE、インテル、P&G、3Mなどの多国籍企業

スタンフォード、MIT、UCバークレー校など数多くのビジネススクール

実践され、とくに経営企画や新規事業企画立案には欠かせないフレームワークとなっています。

 

実は私、二年程前にこのビジネスモデル・キャンバスを国内で広めている、

一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会(BMI協会)のジュニアコンサルタント

として認定を受け、クライアント向けにこのツールを用いて活用し既存事業の見直しや新規事業検討のサポートも行っております。

 

ビジネスモデル・キャンバスは「ビジュアル(視覚的な)ツール」であり、「デザイン思考の要素」や、「顧客からのフィードバック」が盛り込まれ、事業の構造を捉え、全体を俯瞰できるツールです。

 

大きな特徴として9つのブロックでビジネスモデル・キャンバスが構築されます。

 

具体的には、

①Customer Segment(CS:顧客セグメント)

Value Propositions(VP:価値提案)

③Channels(CH:チャネル)

④Customer Relationships(CR:顧客との関係)

⑤Revenue Streams(R$:収益の流れ)

⑥Key Resources(KR:キーリソース)

⑦Key Activities(KA:キーアクティビティ)

⑧Key Partners(KP:キーパートナー)

⑨Cost Structure(C$:コスト構造)

 

経営で考えなければならない要素が9つに凝縮されており、

企業再生や、成長戦略の策定、新規事業の立ち上げなど、

さまざまな場面で活用できます。

 

例えばコンビニエンスストアをビジネスモデル・キャンバスで表現するとこのようになります。

 

f:id:consulting-kfs:20180629162151j:plain

 

 

CS:顧客セグメント→学生、社会人

VP:価値提案→いつでも、どこでも

CH:チャネル→店舗

CR:顧客との関係→セルフサービス

R$:収益の流れ→商品の代金

KR:キーリソース→小さな敷地面積、POSシステム

KA:キーアクティビティ→少人数でのオペレーション、1日3回配送

KP:キーパートナー→商社

C$:コスト構造→商品仕入原価、物流コスト、店舗在庫コスト

※今回は取り上げていませんが、コンビニの場合CSがFCオーナーとなり加盟料やロイヤリティがR$となる、「FCビジネスモデル」という側面もございます。

 

ビジネスモデル・キャンバスを描くコツはこのように、

重要なポイントを一言で表現すること、

そして各要素緻密に考えるよりも、より早く網羅的に全体像を描いて、

仮説を立てプロトタイプを創り、

その仮説を検証しながらブラッシュアップしていくことです。

 

ぜひ一度、自社の既存の事業や検討している新規事業について、

ふせんを使って9つの要素をブレストしながら埋めてみてください。

 

自社の強みの要素や競合と比べて弱い要素、業界が取り組んでいない機会となりそうな要素がブレストしていくときっと見えてくるかと思います。

 

また外部の視点からフィードバックを受けながら、

ビジネスモデル・キャンバスを設計していくこともとても有効です。

 

今回、真夏の自由研究~ビジネスモデル強化月間として、

7月、8月と先着限定5名の方にビジネスモデル・キャンバスを使った1時間無料相談を実施いたします。

 

これから事業を承継する後継者の方はもちろん、次の新規事業を検討したい創業者の方、これから独立をしようと活動している方、

下記フォームよりお申込みお待ちしています!

(相談内容のその他にビジネスモデル・キャンバスとご入力ください)

 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdmAe5Xrhp-hX6UVZA1RItp41Q7RhbhS_OJJ98xCzHSTgzUEA/viewform

 

【法人保険の魅力】

 

f:id:consulting-kfs:20180613083026j:plain

 

 

皆さんこんにちは!!

KFSライフ設計の佐藤です。

今回は、『法人保険の魅力』についてお伝えします。

 

法人保険の加入を考えられている方に向けてお伝えさせて頂きますが、

現在検討中の方も、今一度、保険に加入する目的を確認していただければ幸いです。

よろしくお願いします。

 

Ⅰ.法人保険の2つのメリット

 

1.事業保障

法人保険に加入するメリットの1つに「事業保障」があります。

例えば、

・経営者の身に何かが起こったときに借入金の返済資金

・経営者自身の死亡退職金を準備

・管理職の死亡をきっかけとしてやめる社員たちの退職金を準備

・後継者体制が整うまでの運転資金を準備

などに用いられます。

 

このような資金需要を想定し、法人保険に加入するのが一般的です。

また社員のための保障を確保することができます。

働き方改革が推進されている現代で

「退職金制度があるか?」

「亡くなった時に、どの程度の遺族保障が出るか?」

といった福利厚生制度は、従業員にとっては、重要なポイントになるのではないでしょうか。法人保険を活用して、これらの制度を整えておけば、優秀な人財を確保することにも繋がるのです。

 

2.税金対策

もう1つのメリットは、「税金対策」です。

これは、法人保険の「保険料を損金に算入でき、法人税を減らすことができる」という特性からきています。

 

法人保険は、ほとんどの生命保険会社で、加入することができます。

しかし、どの生命保険会社のどの商品を選ぶかにもよりますが、

法人保険に加入するか否かで、税金の支払額に大きな差が生じます。

 

例えば、

現在の日本における、法人税は実効税率で、約35%です。

つまり、1億の所得を持つ法人は、所得全体の3分の1以上、約3500万円の納税が発生します。

しかし、支払う保険料を損金に算入することで、課税対象となる所得を減らすことができます。

法人税が課せられる所得は、「益金(課税対象になる会社の稼ぎ等)-損金」で算出されます。すなわち、損金に、算入する金額が大きければ大きいほど、所得を少なくすることができ、法人税が減らせるということです。

以上「事業保障」「税金対策」が法人保険の2つのメリットです。

 

Ⅱ.入口・出口効果

 

法人保険の加入時と解約時に生じる会社への影響を、入口効果、出口効果といいます。

 

・入り口効果

法人保険に加入して、事業保障+節税効果を受けること

・出口効果

法人保険を解約して、解約返戻金や融資を受け取ったり、更には、譲渡等で、名義を変更したりできること

特に税金対策として法人保険を活用する際に、その効果があります。

 

税金対策の具体的な流れとして、

①   法人の益金に法人税等を課せられる。

②    法人保険に加入し保険会社に資金を預ける。

③    法人税の35%を実質0まで節税することができる。加入中は保障がついてくる。(入口)

④    何年後かのタイミングを計って解約し、返戻金を受け取る。(出口)

⑤    この解約返戻金は全部または、一部を雑収入として計上する。(出口)

法人保険によって経営者は、法人の稼ぎの一部を保険料として損金に算入して、

保険会社にためておく。解約時に解約返戻金として、受け取ることができます。

解約返戻金の返戻率は、解約する時期や経過年数、商品によって変化します。

そのため、解約のタイミングを加入時に念入りにプランニングする必要があります。

 

昨今は、

入口効果を重視しつつも、出口効果をさらに重視する傾向があります。

それは、解約時の解約返戻金は、受け取った際に一部または全部が、雑収入に計上され、課税対象になるからです。

せっかく、入口で節税しても、出口で対策を考えなければ、単純に課税の先送りをしているだけになってしまいます。

 

そのため、あらかじめ将来的に資金を使う予定を立てることが効果的です。

・〇年後に、自社の機材を買い換える予定がある

・〇年後の退職に向けて、退職金を準備している

など、事業にとって効果的なタイミングで解約返戻金が受け取れるように、プランニングすることです。

解約返戻金から支出することで、その支出分の全部または、一部は損金算入され、出口の課税を防ぐことができるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

保険といっても保障だけではなく、様々な活用の仕方があります

私が保険に携わっていく中で、大切だと思うことは、

「無計画に保険に入らないこと」だと考えています。

 

生命保険は、人生に大きな影響を及ぼすものだからこそ、

十分にライフプランや事業計画を立てて、何の為に加入するのかを理解し、納得された上で、加入されることをお勧めします。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。